望んだ命だけど

確かに望んで授かった命だけどマタニティーブルーになる時はある。マタニティーブルーは自分がなりたくてなっているものではないから周りの理解が必要だ。

ちゃんと育てられるのか、自分の時間がなくなる、子供のわがままに付き合わなければいけない。我が子だから自分の子供だから耐えられるのかもしれないが他人の子供だったらさぞかし苦痛だろう。

生まれたあとは嫌でも生活が一変する。それは自分にとって幸せなのだろうか。子供を育てるということはどんな意味があるのだろうか。苦労してお金がかかってイライラして本当に苦労してそれでも子供を産む理由とは?

なぜ人は自分の子供が欲しいと思うのか。私にはそれが理解ができない。子供が欲しいと思うのが普通ならば一度も思わないこの脳みそはどうなんだと。

自分の子供の何がかわいくて育てるのか。私にはわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です